2017年 09月 13日 ( 1 )

痙攣発作その後の状態

突然のことで、かなり動揺しました。9/11 PM2に倒れて病院へ行くまでの2時間近く
横になったまま全く動けづ、近所の人も駆けつけてくれ見守ってくれました。
カールほんとにみんなに大事にされているんだなとつくづく実感しました。
車に乗せるに毛布にくるまって乗せました。
もうダメかなと思って車を走らせると驚いたことに突然立ち上がりドアに寄りかかって
外の景色を見だした時にはほんとにびっくりしました。病院に4時に到着し待合室で待っているときに
また痙攣が始まりすぐに処置してもらい何とかなり、ほっとしました。

検査のことですが、腫瘍の細胞を取り顕微鏡で確認したんですが、がんではなさそうです。
正しい判断をするため専門機関で診断してもらうことになりました。
腫瘍の種類がたくさん有り間違ったら、何にもならないからだそうです。

痙攣を抑えるためてんかんの飲み薬を処方してもらい、更に座薬をもらいました。
家に帰ってきて一時間後位にまた痙攣が始まり、その日だけで更に2回ありました。
そく座薬の使用で収まりますが、ほんとに安心出来ないです。
翌日AM10にまた痙攣が始まり、座薬の投与で落ち着きました。しかし座薬一個では
収まらずさらにもう一個で収まりました。最高で5個まで使っていいそうです。
c0347153_08581224.jpg
これ今朝のカールです。何とか外に出れるようになりちょっと一安心です。
仲良しの小学生の女の子たちにも会えて嬉しそうでした。
また報告します。

[PR]
by stretch-pal | 2017-09-13 09:27 | Comments(0)